膝黒ずみや傷跡にさよなら!カサカサも解消してアンチエイジング

膝黒ずみを綺麗にする方法

膝黒ずみや傷跡にさよなら!カサカサも解消してアンチエイジング

更新日:

膝黒ずみにお悩みの人は多いものです。
生活習慣や体調の変化など、原因は人によって様々です。

こちらでは膝黒ずみや傷跡、カサカサの原因と対策について解説していきます。

膝黒ずみが年々ひどくなっていくのはなぜですか?汚れ?

膝黒ずみが年々ひどくなっていくのはなぜですか?汚れ?アラフォーの主婦です。
膝黒ずみが昔から気になっていましたが、年を重ねるにつれてひどくなっていく気がします
子どもが生まれてから足を出さなくなり、昔ほど自分の身なりに気を使わなくなっているのも影響しているのでしょうか?

膝黒ずみの正体は、汚れでしょうか?
お風呂には毎日入っているし、特に膝は念入りに洗っているつもりなのですが、長年の汚れが蓄積されていて落ちなくなっているのでしょうか?

でも、不思議と体調を崩して数日寝たきりだったり、お正月など家に引きこもってゴロゴロしていたりする時は、膝黒ずみが少し薄くなっている気がするのです。
それも、また元の生活に戻ってしまえば黒ずみも元通りになるのですが。

膝黒ずみの原因と改善方法を教えてください。
「お母さん、まだまだイケる!」ってところを子どもにも見せたいです。

膝黒ずみが気になってケアしているのですが一向に薄くなりません

膝黒ずみが気になってケアしているのですが一向に薄くなりません30代のOLです。
年齢とともに膝黒ずみが気になってきて悩んでいます。

お風呂で念入りに洗うのはもちろん、定期的にスクラブ洗顔料や毛穴パックなども使ってケアしています。
あら塩を揉みこむこともあります。

膝のムダ毛も、根っこの部分が埋没毛のような状態になっていて、汚く見えて気になるので、こまめに毛抜きで1本1本抜いています。
ケアをした直後は、一時的に「きれいになった!」と感じるのですが、翌日になるとまた元通りに黒ずんでいます。
ケアの仕方が間違っているのでしょうか?

もし、膝黒ずみに効果的なケア方法があれば、ご伝授ください。本気で何とかしたいです。
よろしくお願いします。

膝の黒ずみは汚れが溜まってできるのではなく、摩擦が主な原因だった!

膝の黒ずみは汚れが溜まってできるのではなく、摩擦が主な原因だった!膝黒ずみは、膝を床についたり、ジーンズなど固い素材のズボンで摩擦されたりといった圧迫や摩擦によって起こります。
膝黒ずみを汚れと勘違いして、お風呂でゴシゴシ擦るという人も多いですが、それは逆効果です。

摩擦や圧迫といった刺激によって膝の皮膚が炎症を起こし、さらに黒ずみを悪化させてしまうためです。
第一、通常の生活を送っている上で、膝の皮膚奥深くまで汚れが入り込み、黒ずんで落ちなくなるようなことなど、まずあり得ません。

お風呂で落ちない膝黒ずみは汚れではなく、皮膚が炎症を起こしたことによる黒ずみであるということをまずはしっかり認識しておく必要があります。

今までの膝黒ずみケアは間違っていた!正しい黒ずみ改善方法とは

今までの膝黒ずみケアは間違っていた!正しい黒ずみ改善方法とは膝黒ずみケアというと…

  • ごしごし洗い
  • つぶつぶのスクラブ剤を使った洗浄
  • 毛穴パック
  • あかすり
  • 軽石で擦る
などを試す方が多いです。
しかし、これらは全て間違いであり、かえって黒ずみを悪化させます。

なぜなら、膝黒ずみの原因は刺激による炎症が大部分であり、摩擦は一番の大敵だからです。
また、乾燥も悪化させる大きな要因であり「膝の皮膚に刺激を与えないこと」と「保湿すること」が黒ずみ改善への近道となります。

膝黒ずみを改善させたいのであれば、まずは洗い方から見直す必要があります。
顔と同じように、膝も泡で包み込むように優しく洗い流しましょう。

お風呂上がりの保湿が重要ですが、そのためにはまず化粧水で十分な水分を補い、それからクリームなどで油分を与えます。
膝を床につくような動作を避ける他、ジーパンのような膝を摩擦するボトムスもやめましょう。

職業やライフスタイルでどうしても床に膝をつく機会が多い場合には、サポーターやプロテクターの使用をお勧めします。

ころんでできてしまった傷の傷が色素沈着してしまいました

ころんでできてしまった傷の傷が色素沈着してしまいました数ヶ月位の話になるのですが、私が住んでいるマンションのエントランスを出たところに段差があり、そこでこけて膝を擦り剥いてしまいました。
30歳をとうに過ぎた女が子どものように思い切り転んだことが恥ずかしく、その時は膝から血を出したまま何事もなかったかのように立ち去りました(笑)

手当をしたのが遅かったためか、傷跡が色素沈着を起こしてしまい、今も残っています。
傷跡が色素沈着してしまった場合、元に戻る可能性はありますか?

時間が経ってしまっているので難しいでしょうか?
薄くなるのを少しでも早める(助ける)方法があれば、教えて頂きたいです。

膝の傷跡が色素沈着した場合の改善方法とは

皮膚の色素沈着には、大きく分けて「一時性」のものと「慢性」のものがあります。
一時性とは、転んでできた傷や虫さされ、おでき、火傷など一時的に炎症を起こした結果の色素沈着であり、時間がかかったとしても治ります

一方、慢性とは摩擦や圧迫などの刺激を長期間繰り返してきたために起きた色素沈着であり、一時性と違ってなかなか治りにくいのが特徴です。
一時性にせよ慢性にせよ、膝黒ずみを本気でどうにかしたい場合には適切なケアを行なう必要があります。

色素沈着を改善する方法

  1. 肌に刺激を与えない(保護する)
  2. 保湿
  3. ビタミンなどの栄養補給
  4. 十分な睡眠
美肌サプリメントや美白化粧品なども取り入れると、さらに効果的です。

膝のカサカサがひどく粉をふきまくっています

膝のカサカサがひどく粉をふきまくっています30代になって、気づくと膝がカサカサに乾燥するようになりました。
冬などひどい時には粉をふいたような状態になり、クリームを塗っても時間が経つとやっぱり乾燥してしまいます。

お風呂の入浴剤は美肌効果のあるものを選ぶようになり、ボディソープも保湿効果の高いものを使っています。
お風呂上りには全身に塗るボディクリームを膝にも欠かさず塗っています。

外気が触れないように家では長ズボン、出かける時もタイツなどをはいて膝が直接出ないようにしています。
それでも気づくとカサカサに乾燥してきます。

膝のカサカサを冬でもしっとり保湿して長持ちする方法を教えてください。

膝のカサカサにさよなら!正しい保湿ケア方法教えます

冬になると膝がカサカサして、粉をふいたような状態になってしまう女性は多く見られます。
お風呂上がりにクリームを塗ってケアしている方もいらっしゃいますが、いくら油分を補っても、皮膚そのものが乾燥していては意味がありません。

油分を補えば表面はテカテカしますが、皮膚そのものはカサカサに乾燥したままですから、またすぐに粉ふき状態になってしまいます。
大切なのは、最初に化粧水で十分な水分を補い、その上からクリームを塗り、水分を油分でフタをした状態にすることです。

膝黒ずみが気になる場合には、美白成分の入った化粧水を使うと良いでしょう。
クリームを塗る際も擦り込むのではなく、手でそっと包み込むようにして浸透させると、摩擦せずに済みます。

保湿だけじゃない!膝の角質を除去してアンチエイジングを

保湿だけじゃない!膝の角質を除去してアンチエイジングを膝黒ずみが気になる人の中でも、特に膝部分の皮膚が他の部分と比べて固かったり、ゴワゴワしていたりする場合には、色素沈着や乾燥だけでなく角質も原因であると考えられます。
顔の角質をお手入れすると肌の色がワントーン明るくなってアンチエイジングに繋がるのと同様に、膝の角質も定期的に除去することで膝黒ずみが解消されます。

膝の角質を除去する際には、摩擦を避け、塗って洗い流すタイプのピーリング剤がお勧めです。
ピーリング剤にはボディソープやウォータータイプなど様々なタイプがありますが、保湿効果が高く肌にも浸透しやすいジェルやクリームタイプがお勧めです。

膝の角質を除去した後は、保湿クリームをたっぷりと塗ってケアするのを忘れないようにしましょう

膝黒ずみ対策アイテムの詳細はこちら♪
>>おすすめの膝黒ずみ対策アイテムはこちら<<

❏こちらの記事も人気があります

膝黒ずみには口コミで人気のニベアの青缶は効果なしなのか 1

肘や膝黒ずみに、ニベアの青缶が効果的と口コミなどで話題になっています。 ニベアの青缶の肘や膝黒ずみ対策効果について検証します。 《目次》膝の黒ずみができる原因膝(ひざ)黒ずみにニベアを塗ると効果がある ...

膝(ひざ)黒ずみをスクラブで落とす!|塩を使ったスクラブの方法と効果 2

スカートやショートパンツをはく際に、膝の黒ずみが気になってしまうという人も多いのではないでしょうか。 そんな膝黒ずみの原因は、膝はよく動かす部分であることにあります。 膝の部分は、皮膚が伸縮します。 ...

おしゃれしても膝の黒ずみはマイナス!黒ずみの悩みまとめ 3

膝の黒ずみが気になって足を出すおしゃれが楽しめないというお悩みは多いです。 みんなの膝黒ずみのお悩みをまとめました。 また、膝黒ずみの改善方法、おしゃれの楽しみ方などもご紹介します。 《目次》①冬の間 ...

-膝黒ずみを綺麗にする方法

Copyright© 膝(ひざ)黒ずみの原因と正しい対応方法|膝の黒ずみは直せます! , 2018 All Rights Reserved.