仕事や家事による膝(ひざ)黒ずみを解消する方法

MENU

膝をつく仕事だと、膝が黒ずみやすい!膝サポーターや毎日のケアの方法

膝をつく作業をし続けると、膝黒ずみが起こりやすくなります。
その原因としては、膝をつくことで地面と膝の骨に皮膚が挟まれることがあげられます。

 

膝をつくと膝が黒ずみやすい!膝サポーターや毎日のケアについて

仕事が保育士の人は、膝に黒ずみができやすい

職業柄、膝をつくことが多い仕事は摩擦が起こりやすく膝黒ずみが起こります。
保育士は子どもの目線に合わせていろいろな作業を行うので膝をつくことが多いです。

 

この膝立ちによって刺激が与えられて、その刺激から肌を守ろうとメラニンが発生します。

膝黒ずみが起こる原因
  1. メラニンが過剰に生成される
  2. 角質がどんどん硬くなる
  3. 色素沈着を起こしてしまう

ですので、膝をついても圧力が軽減されれば、必然的に黒ずみは薄く少なくなってくる訳です。

しかし、膝の黒ずみは予防とケアで薄くすることができます。

まず、膝をつく回数を減らすように意識します。

 

子どもと目線を合わせたり、仕事上必要な時は膝をつくことは避けられないでしょう。
砂利やコンクリートなど硬いものの上で膝をつくことは避けて、できるだけ柔らかいものの上で膝をつくようにします。

 

また、膝をつくくせがついていることもあるので、しゃがんでできる仕事は膝をつかいないようにします。
仕事以外では椅子やソファーに座るなどして膝をつかいないようにします。

仕事がら、膝黒ずみ発生を防ぐにはサポーターが良い

膝をつくと膝が黒ずみやすい!膝サポーターや毎日のケアについて

そこで、膝黒ずみ対策として、膝サポーターをつけるという手段があります。

 

専用のサポーターには、膝に当たる部分にジェル状のビタミンC誘導体が配合されている商品があります。
肌を生まれ変えさせるターンオーバーという効果も期待できます。

 

膝サポーターのメリットとデメリット

メリットは、サポーターをつけ続けていることで常にビタミンC誘導体を集中的に肌へ送れることです。
デメリットは、擦れによる刺激があり、膝の裏にもダメージが及んでしまうことです。

 

できれば、サポーターも使わず、よく膝をつかなければならない動作をしないようにするのが一番の対策となります。
しかし、仕事で家事でそれができない人には、膝黒ずみを予防するために販売されているサポーターよりも、

スポーツ用の肌にフィットするサポーターをつける方が、圧力や擦れによる黒ずみがつきにくいようです。

膝黒ずみを防ぐには、定期的なケアが必要です。

膝をつくと膝が黒ずみやすい!膝サポーターや毎日のケアについて

肌が乾燥していると黒ずみができやすいこともわかっています。
乾燥した肌に刺激を与えることで、通常よりも黒ずみができやすくなるのです。

 

乾燥した肌は、ターンオーバーが乱れて膝黒ずみが発生しやすい原因となります。
ターンオーバーを整えるためにも保湿クリームやローションパックなどしっかりと保湿ケアを行うことが重要です。

肌が黒ずんでくるのを予防するケア用のクリームを塗る。

ビタミンC誘導体を含むクリームを使うといいでしょう。
黒ずみに特化したクリームも市販されていますので、その中から選ぶ方がいいです。
メラニンを抑制させ、肌を保湿しターンオーバーを活性化させる3つの作用が黒ずみを予防します。

硬くなった角質を柔らかくする必要があります。

肌に潤いが足りないと、古い角質が剥がれ落ちずにメラニンを含んだ角質が蓄積されて黒ずみになります。
スクラブやピーリング、オイルなど自分にあった方法を探して角質ケアを行います。

そして、美白成分の入ったもので美白ケアを行うのも膝黒ずみを改善する効果があります。

 

膝黒ずみ,ランキング

>>膝(ひざ)黒ずみ解消は美脚への第一歩!対策製品はコチラ<<

【膝黒ずみをスクラブで落として綺麗な膝へ|塩を使ったスクラブの方法と効果】関連記事

 
膝黒ずみ,ニベア,効果

肘や膝黒ずみに、ニベアの青缶が効果的と口コミなどで話題になっています。膝の黒ずみができる原因紫外線と外部からの刺激が原因と考えられます。肌が紫外線を浴びたり、刺激を受けると、メラノサイトが刺激されて、メラニン色素が作られます。メラニン色素が積み重なると、色素沈着してしまい、膝黒ずみとなってしまいます。また、膝は皮脂腺が少ない部分のため、皮脂や汗がほとんどでません。そのため、刺激に対して弱くなり、よ...

 
 
膝黒ずみ,サポーター

膝をつく作業をし続けると、膝黒ずみが起こりやすくなります。その原因としては、膝をつくことで地面と膝の骨に皮膚が挟まれることがあげられます。仕事が保育士の人は、膝に黒ずみができやすい職業柄、膝をつくことが多い仕事は摩擦が起こりやすく膝黒ずみが起こります。保育士は子どもの目線に合わせていろいろな作業を行うので膝をつくことが多いです。この膝立ちによって刺激が与えられて、その刺激から肌を守ろうとメラニンが...